「サラリーマンは現代のブルースマンだ!」をモットーに活動する

ニッチなロックンロールバンド

ゴトー&カメレオンズのホームページへようこそ!

抱腹絶倒LIVE@江古田倶楽部

2019年1月27日

 

新春第二弾は江古田倶楽部!(1月19日)

昨年9月に共演したら、あまりの面白さに「この組み合わせをもう一回観たい!」という声が高く実現しましたロッキン・シューズとの2バン!抱腹絶倒LIVEとはまさにこのこと!暖かくなった頃にまたやりたいね!

 

Special thanks to Jasmin & Matsumura for pics

New Year Freak Beat Show!

2019年1月27日

 

新春第一弾はピート七福さん企画New Year Freak Beat Show@東中野Music Shed YES !

シーナ&ロケッツの浅田さんも出演すると聞いてキンチョーしたが、浅田さん本人を見たとき、キンチョーは一瞬にして解けました!とてもジェントルマンな方でキャリアにあぐらをかくことなく出演者を楽しそうに見ていました。僕らのステージも「面白かった!元気あるねぇ!え?19日、江古田でやるの?観に行こうかな!」なんておっしゃってくれてとても嬉しかったのですが、ご本人のLIVEと被っていることがわかり残念がっていました。

出演者は全員FREAKなバンドばかりであらためて「流石ピートさん人脈!」の意を強くした次第!なかでも博多からやってきたTitty Twisterのロックンロールはサイコーでした!

 

ゴトー&カメレオンズ撮影はタカダユウコさん

Happy New Year 2019!

2019年1月27日

 

はっぴNEW YEAR!は例によってMelody ReUnionの新年会@下北沢アレイホール!

 

さらっと4曲。

1.サラリーマンは散々だ!

2.アゴマスク

3.消えないメッセンジャー

4.賃上げROCK

 

撮影:アイリーン

ロックンロール接待するぜ!

2018年12月11日

 

さて、今年のLIVE納めは久々、「ロックンロール接待」で!おなじみ新宿ゴールデン・エッグで真昼間からROCKIN'しよう!

 

今回の出し物はサイコーのロッキンを約束してくれるアナコンダとFukasawa Stack O'leeにNUNOを呼びました!

 

一年の締めくくりにふさわしい内容ですな!笑

 

さぁ、笑って年越し!

来年もまたよろしく!

La mama AGAIN!

2018年11月25日

 

もう師走かい!笑

 

つうーことで12月はLIVEが2本。

まずは16日のLa mama!

 

ちょうど一年前、閉店する新宿JAMに誘ってもらって以来のPINK GRAPE企画!

 

7月に続いて老舗、渋谷La mamaに出演します!

昼の部です。打上げもたっぷり出来ます!笑

 

どうそ、よろしく!

Chino Kanetaka さん撮影のロッキンなショットの数々をお楽しみください!

収穫の秋!Harvest Rock Time!

2018年11月24日

 

Hi Boostersの復活イベントにて真昼間からドンちゃん騒ぎの片棒を担がせて貰います!

 

新曲「消えないメッセンジャー」やります!

 

12:15 ゴトー&カメレオンズ
13:05 The New Shellbeez
13:55 Americo 
14:45 Hi Boosters

本日の模様をお楽しみください!

10月はNishi-Ogi Riot City Blues!

フライヤー情報訂正!

2018年9月15日

 

あっという間にもう9月も後半!

 

十五夜のあとは本格的な秋!

 

10月のゴトー&カメレオンズ生出演はこれ1本!

おなじみになりました西荻窪PitbarのNISHI-OGI RIOT CITY BLUES!

 

【2018年9月21日更新】


18:00-18:30 ゴトー&カメレオンズ
18:40-19:10 Telepathic swinger
19:20-19:50 Controvertial Asian
20:00-20:30 ルリイロ
20:40-21:10 デッドバンビーズ
21:20-21:50 King Rumble
-----------------------------------
Controvertial Asian & King Rumble presents
■■Nishi-Ogi Riot City Blues■■

場所:西荻窪PitBar(酒安ひ)
http://ameblo.jp/pitbar

open 17:30
start 18:00
前売2,000円/当日2,300円
NO DRINK CHARGE

共演実現!江古田倶楽部へGO!

2018年9月2日

 

9月になり秋の気配が差し迫る頃、江古田倶楽部に行ってみないか?

 

ずっと共演したいね、と言ってたロッキン・シューズとのGIG!これは楽しみ!連休だからゆっくり楽しめるよ!

 

2018年9月16日更新

 

まさにロッキンなパブかはたまたローカルなジュークジョイントか?!老舗ブルーズ・バーが今夜ばかりはROCK THE HOUSE!ロッキンシューズとの熱い夜!ぱんぱんのチョー満員で盛り上がりましたよ!

 

なんと言っても嬉しかったのが通りすがりの若者三人、サウンドを聞いてのご来場!聞けば江古田の友人とDEEPな店を求めてさまよっていたとか!こういうことが普通に起きてしまう江古田マジック!笑

 

そんな音楽好きの若者3人交えていろんな人が入り混じっての楽しい夜でした!

 

写真家のYasushi Takehanaさんが撮ってくれたのを数枚UPします!

 

BAYOU MEETINGしました!

2018年9月2日

 

三鷹バイユーゲイトでBAYOU MEETINGしました!

予定していたハイドロカルチャーズが出れなくなり、急遽お願いしたThe Secondsと若手British BLUESのメンフィス・ベルともに期待以上のパフォーマンスで会場を沸かせてくれました!

僕らは新曲2曲含むゴカメ・ワールドを展開してバイユーの夜は更けていきました!GOOD VIBRATION!

いまはもう秋??

2018年8月16日

 

なんかもう、秋の気配??

 

今年は6月中に梅雨が明けてしまって猛暑が開始されたのでこの気温でも涼しい。いや、あと1ヶ月もすれば昼夜が同じ長さになってしまう。間違いなく秋の到来だ。レイ・ブラッドベリ言うところの「秋の人々」がカーニヴァルとともにやって来るって言うわけだ。

 

その9月1日、三鷹バイユーゲイトで若手ブルーズバンドのMemphis Bellとこれまた20代のスワンプ・ロック・バンドThe Hydrocultures を迎えてお送りします!

 

どうぞ、お楽しみに!

 

 

Rockin' & Jumpin' at Gemini Theater!

真夏のロックンロール!

2018年7月23日

 

今年の猛暑はキョーレツだ!

 

梅雨が6月に明けてしまい、もうフロム・ミー・つゆなどという冗談も言えなくなったと思ったらこの気温!

 

・・・というわけでフライヤーも高温度感出してます!

 

リーマンタウン・ロックでお世話になった新橋ZZをあとにしたダディ竹千代さんが二子玉川に新しくオープンしたGemini Theater!僕らも出演します!

 

共演が面白い。

まず若手ブルース・バンド、僕も推してます「メンフィス・ベル」!ZZでおなじみ「夜の歌謡曲」今回はバンドバージョンの「デラックス」で!そして僕にとってはサプライズでかつ嬉しいKC & TITE!KCさんは先輩なのです!

 

楽しみな共演者と大騒ぎしましょう!

La.mama & Rubber Soul!

2018年7月11日

7月に入って、いきなり2週連続でROCK'N'ROLL GIG!

どんと行きました!笑

 

こちらはLa.mamaの翌週に行われた国分寺ラバーソウルでThe Seconds企画Good Time Music!

Seconds、そしてTalent Showともに知り合いでチョー楽しかったな。

ラバーソウルはその名のとおりビートルズをはじめ60-70年代のロック・ミュージックがばんばん流れ、ビデオもかかるまるでロンドンのパブのようなカッコよくて居心地最高のバー!

もちろん、この日の3組ともパブロックが大好きなもんだからそれぞれのバンドのお客さんもご贔屓なく盛り上がってくれた。そしてSelectionsのヴォーカル、マクマンのサプライズ登場に友人達はドッキリカメラ状態!笑 彼を入れてThe Secondsの丸ちゃんとラストに1曲。マクマンのWailing harpがチョーゼツ、イカシてた!

La.mama公演、ご来場頂きありがとうございました!

主催のPINK GRAPE、共演のMITEIGIのみなさん、熱いイベントをありがとう!

そして無類の楽しさだった打上げ!新しいロッキン・フレンズもたくさん出来ました!

 

写真はChino Kanetaka(ジャンプしてるヤツ)、青木智子・・・ありがとう!

ROCKIN' AT La.mama!

2018年6月24日

 

梅雨真っ盛りのお天気NOW!

さぁ、今度の日曜は老舗La.mamaに登場だ!

多くの有名実力派ミュージシャンを輩出しているライブハウスで演奏します。昨年末、これまた老舗の新宿JAMに出演という嬉しい企画をしてくれたPINK GRAPEに再びお招き頂きました!

共演は勿論PINK GRAPEに加え、未定義というロックンロール・バンド!面子的には新橋ZZでの「リーマンタウン・ロック」つながりだったりするのでなんか初登場なのにアットホームな感じもあって楽しめそうだ。

 

昼のイベントなので、打上げもたっぷりやりますのでそちらにも是非!

GOKIGENYAでROCK'N'ROLL!

2018年6月16日

 

この前の土曜、6月9日、いわゆる日本語ピープルの「ロックの日」だったわけだが経堂のGOKIGENYA GARAGEにてHappy Old River Field、El Tacosと共演した。僕らはトップで、この日は前回から演奏している「レバーはNEVER」が結構バカウケだったのとゴカメゴールデンヒッツからひさびさ「絶対にROCKER」が好評だった。

僕らに続くEl TacosはGOKIGENYAで行われているセッションから始まったバンドということで、曲は決まっていても演奏はおそらくアドリブなんだろう。緊張感のあるステージだった。妙なシュールさのある楽曲が多く、とくに「雨のコート」には聴き入ってしまった。

 

トリは共同企画者のクレアさん所属のHappy Old River Field。昔スプレーという名前でやってたメンバーがほとんどでビリー古川氏の文字通り咆哮するシャウトとボクサーのような身のこなしに引き込まれてしまう。名曲のカバーも交え、アンコールはビリーの十八番「のっぽのサリー」!素晴らしかった!

 

この店は経堂、千歳船橋、八幡山、桜上水といった駅から等距離にあるような場所であったが近くにすむお客さんたちが自転車で駆けつけ、店の前に自転車が整列したというのも面白かった。音響もよく、カレーもうまい、またやりたいお店だ。

写真提供:Nassy、Michiko

今週土曜はロックの日!笑 Only Japanese can understand!

2018年6月5日

 

今週土曜はROCKの日!6月9日だもんね!

 

・・・なーんていい気になってるのはたぶん日本人だけだ。69の日?まぁいいや。とにかく僕らLIVEです。

 

タイムテーブル

18:30 開場

19:00 ゴトー&カメレオンズ

20:00 El Tacos

21:00 Happy Old River Field

 

ゆっくりたっぷりやりますんで、是非!

 

 

7月はアタマから2週連続!

2018年6月4日

 

まずは1日、老舗の渋谷ラママに初出演!

Pink Grapeのイベントに誘われました。昨年末、これまた老舗の新宿JAMに誘ってくれたのも彼ら!感謝です!

共演のもう一組は未定義!メンバーに知った顔が何人かいますが、どうやらめんたいロック系とか!

 

僕らも熱くやりまっせ!

 

翌週、8日はこんなROCK'N'ROLLなイベントに誘われました!

GIGは2週連続ですが、もちろん、もっちんロール&小田コースでOKしました!

 

主催のThe Secondsは以前、The Selections ~ Rockfieldsでギター&ヴォーカルをしていた丸山君がいまやっているバンドです。

 

Talent ShowはSuper SnazzのGregがフロントでギター&ヴォーカルのこれまた奔放なアメリカン・ロックンロール!

 

ぼくらもこの日はひたすらロッキンします!

夏の夜のロックンロール・ショウ!飲んで騒ぎましょう!

ロックの日(=6月9日笑)は世田谷で!

2018年5月14日

さて、今月はゴトー&カメレオンズとしてのギグはないけど、来月は9日に世田谷のGokigenya Garageに出演します!

これは共演したこともあるThe Lip-Tonesのクレアさんとゴトーの共同企画で、クレアさん所属のHappy Old River FieldとEl Tacosという二組と一緒にやります。

Happy Old River Fieldは稀有なシャウター、ビリー古川氏に注目!一度ゴトーのソロで共演したことがありますが往年のポール・マッカートニーのMaybe I'm AmazedやLong Tall Sallyをオリジナル・キーでカバーするそのものすごさたるや!ぶっ飛びました!

それでは6月9日、「ロックの日」(って言っても日本語じゃんね)にお会いしましょう!

スリルと興奮のバイユーゲイト!

2018年5月3日
4月29日、三鷹バイユーゲイト、どこまでもスリルと興奮渦巻くイベントでした!共演者の選択も任され、さながら「ロックンロール接待:バイユー編」とも言える企画で、しばらく対バンしてなかったGLIDERとお初だけど一緒にやりたいなと思ってたクララズとのセット!遂に実現という感じでした。

トップのGLIDERがいきなりアンコールという熱いステージ、続くクララズ(ハイパー・バージョン)もアンコールと、すごい展開!満場のお客さんで過熱気味のバイユー、僕らが登場し、こういうご時勢だからこそ選んだELVIS COSTELLOが歌う(What's So Funny About)Peace, Love and Understandingをバックに歌詞カードを配り終え、OK,じゃぁ、やりますよ!って言ってストロークしようと腕を上げた瞬間、まさにジャストなタイミングで場内真っ暗!漏電ブレイカーが落ちた!

これには流石にびっくり!どうしたものかと思ったが、ナマ音でやるわけにも行かず、トーク・ショーに!笑 暗い場内をスマホの照明でShine a Light!(GLIDERユウスケいわく笑) 

いや、ほんとあのままだったらどうしようと内心ビビッていましたが、20分くらい続いた暗闇トークの後、照明が戻り、無事にステージを終えました。お客さん、共演者もそんなまさにナマな、LIVEらしいハプニングすら楽しんでくれて思い出に残る伝説の夜となりました!
※ゴカメの写真提供:あけみさん、クララズ、あおちさん、Michikoさん